日本語学の音声や意味の観点から、オリジナルの早口ことばを作成し、各ポイントを客観的に

説明できるようになることを目指す。