落葉樹や常緑樹,針葉樹や広葉樹,高木や低木などの数多くの特徴が認められる樹木を対象として,光環境,水分環境,温度環境に対する樹木の生理生態学的反応を解説し,樹木がさまざまな自然環境に適応することを可能にする生理生態学的特徴について講義する.

到達目標:森林に内在するさまざまな自然環境を把握すること,ならびに,樹木における生理生態学的性質の多様さを理解することが目標.それらの性質が,それぞれの樹種の分布を制限することを理解する.