日本の近世から現代までの美術家たち(批評家、美術史家も含む)が記した芸術論などを、発表者を決めて講読していく。なお、講読するテキストはコピーかPDFを配布する。

講読を通じて、制作の背景、思想と表現との関係などについて考察する。あわせて、日本美術の近代にかかわる諸問題の考察も行う。

授業では随時スライドなどによって当該作家の作品を紹介する。